萌えて笑って時々泣ける。コミック「おじさまと猫」を紹介します。

「みんにゃー元気ー?ふくまるにゃよ!」

景都です^^

コロナ騒動で未来が予測できず、日本は混沌とした社会になってしまいましたね。マスクやトイレットペーパーなど物資の欠品が続き、不安な気持ちを抱えている方も多いかと思います。

私もその一人です。知らないうちにストレスが蓄積されて、心が疲れてしまい癒しを求めていました。そんなとき出会ったコミック「おじさまと猫」です。心が癒されて、ほっこり温かい気持ちになれました。

心が癒されると気持ちに余裕が出てきて、前向きに物事を考えられるようになります。景都が2020年1番ハマった、究極の癒しコミック「おじさまと猫」を紹介します!

 

    

 

【「おじさまと猫」ってどんなマンガなの?】

桜井海さんの描いた「おじさまと猫」は発行部数100万部突破した超人気コミックです。

猫を飼うのは初めてのおじさまとペットショップの売れ残り猫のふくまる君との生活を描いた、萌えあり、笑いあり、涙ありのハートフルコミックです!

桜井海さんのTwitter:@sakurai_umi_

 

【景都が「おじさまと猫」を紹介したいと思った理由】

読んだ後に心が温かくなるからです。登場人物はみんな普通のいい人達です。特別何か大きな事件が起こるわけではありません。おじさまとふくまる君の日常のやり取りがとても可愛らしくて、ふくまる君のいたずらする様子は微笑ましいです。

ペットショップからお迎えされて不安なふくまる君がおじさまに心を開いていく心理描写が丁寧に書かれています。不安で震えていたふくまる君が、徐々におじさまに心を開いて懐いていく姿はとても微笑ましいです。

ペットをお迎えしてみたいと願っても、生活事情により難しい方もいらっしゃるかと思います。そんな人にもおススメな作品なので、ぜひ沢山の人に読んでもらいたいですね。

 

【ふくまる語録あれこれ】

「昨日と同じ毎日が続くと思っていたにゃ…」→その後おじさまの家へお迎えされる。

「パパさん、大好きにゃー」

おじさまが仕事にお出かけ→「寂しいにゃああ、寂しいにゃああっ!」

おじさまにギューッと抱きついて「パパさんを離さないにゃ💛」

「パパさんお帰りにゃさいにゃ~」

「パパさんが望むにゃら、ふくまるうーんと長生きするにゃ」

書いてるだけで萌えてしまいます^^ふくまる君のおじさまへの愛がひしひしと伝わってきますね。

 

【ふくまる君の魅力】

これは失礼を承知で言ってしまいますが、ぶさ可愛だからです!

決して美猫ではなく、鼻の近くに黒丸模様が付いていて、ペットショップでは子供に「鼻くそついてるぞ~」なんて言われています。

でもおじさまになつく姿は本当に愛らしくて可愛いんですよ^^いたずらばっかりしているけどそんな姿も愛しいんです。

私はうさぎと一緒に暮らしているうさぎ好きなので、動物と暮らす幸せをよく知っています。お世話が面倒でも、いたずらされても、やっぱり可愛くて大切な家族なんですよね。

 

【おじさまの魅力】

スラっと細身のロマンスグレー。見た目も性格も超紳士。こんな人が実在したら素敵だなぁと思います。いつも温和なおじさまが、慣れない猫のお世話で四苦八苦する姿はとってもお茶目です。実は心に傷を持つおじさまですが、ふくまる君のパパさんへの愛情がそんなおじさまの心を癒していきます。

 

キャラクターグッズも沢山作られてますね。可愛いです^^

    

【まとめ】

・「おじさまと猫」は令和最強の癒しコミック!

・先の見えない不安な時代だからこそ、「おじさまと猫」を読んで心を癒して欲しい。

・ふくまる君は可愛くて、おじさまはとっても素敵な紳士。人&猫の日々のやり取りを見ていると、ほっこりと温かい気持ちになれる。

ぜひ、アニメ化して下さい^^


最新情報をチェックしよう!